07年

07.07.15 石狩川公園
七月半ばにようやく今年初のタナゴ釣行。
地球釣山本氏と共に、本庄陸男「石狩川」の碑近くの三日月湖へ。
風が強くてシモリ浮きの微妙なアタリがわからず苦戦。
タナゴの他にウグイ、クチボソ、仔ブナが釣れた。

07.08.08 三重湖
初挑戦のタナゴ釣りのために、遥々伊達市からやって来たG夫妻を案内。
ここは仔ウグイの猛攻がなく、また大型のタナゴが多いため本命に出会える確立が高い。
婚姻色鮮やかな魚体に感激していただき、ホッと一安心。
他にキンブナ、クチボソも釣れた。
07.08.08 宝水沼
なんぽろ親水公園で竿を出した途端、ドシャ降りの雨により退散。幌向と栗沢の境にあるこの沼へ移動。
ここもタナゴの魚影は濃いが、鉤が水面に着いた途端、無数の仔ウグイが群がり、グルテン餌があっという間に無くなってしまう。そこで夫妻がオニギリの米粒を餌にしたところ、タナゴが釣れた。
白いオニギリ(うるち米)より赤飯(餅米)の方が喰いが良いという「研究成果」を得る事ができた。

07.08.21 砂取沼
前回の釣行ですっかりタナゴ釣りにハマッタ?!
所用で伊達から札幌に来た際、時間を作り江別の沼で竿を出す。
まるで熱帯魚のような鮮やかな魚体と、その後の温泉が病み付きになったようで、案内した甲斐がありましたワ。

カメラ忘れ画像なし
07.10.28 三重湖
夕方に少し竿を出してみるがなかなか喰いが渋い。
釣果はタナゴ2匹と金鮒数匹。
突っつくようなあたりは多かったが鉤掛かりせず(仔ウグイか?)。
そろそろ平地でも雪の便りが聞かれ、北海道の晩秋は関東の冬のタナゴシーズンに相当するかも。

07.11.04 三重湖
八たな会ご本尊、関東メンバーの北浦での活躍に触発されて再度釣行するも撃沈。
タナゴ1匹とクチボソ数匹に終わる。
「こんな所で何釣れるんですか?」というギャラリーの前でエエカッコ見せようとするが、シモリがピクピク、でも鉤掛かりせず・・・の繰り返し。
「まぁ、頑張ってください。」の言葉を残し立ち去った後の侘しさ。
拝啓、北国はもうすぐ冬です・・・・・。